人気ブログランキング |

何でグノーブル、そしてブログ

こんにちは

「グノーブルではじめた中学受験」
こんなテーマのブログですが、
実は私は入塾時グノーブルをほとんど知りませんでした。
入塾前の説明会も、入塾後の「保護者会?」私は出席できておりません。

なぜグノーブルだったのか?
結論から申し上げれば、息子くんが体験授業を行った上でここに決めたからです。
非常に明確に授業が楽しいので、ここが良いと自分で決めました。

私は、息子くんに中学受験をチャレンジさせることを前提に考えておりましたので、数年前から塾の検討はしておりました。
受験本や雑誌、インターネットなどを情報をもとに資料などを見て説明会などにもお邪魔しながら、首都圏4大塾のどこにしようかと考えていたわけです。
塾に通うことを前提にして、どこに通うかを一緒に決めようと探しはじました。

受験本・受験雑誌、ネットなどを見れば見るほど、現在は新4年から4大塾への通塾開始がスタンダードと知りました。
受験業界の刷り込みがかなり効いたんだとも思いましたが、
もっともだと考えるところも多く、新4年に向けて4大塾の塾研究を進めたわけです。

まず、私の時代のゴールデンスタンダードだった四谷大塚は通塾距離・時間が合わずに断念しました。
少なくとも4年生にとっては通塾時間と距離の負担は大きいと考えました。
近所ではなくて良いがそれを負担と感じるとしんどくなるな、と思い説明会も行きませんでした。

通える範囲を決めて、説明会・入塾テスト・個別相談会と進んでいくうちに私自身は各塾のイメージは沸いてきました。

自分の持つ息子くんのイメージは日能研でした。
考えることの楽しさや大切さをじっくり学べると思いましたし、ペースが比較的ゆっくりというものあっている気がしました。
時間に追われず、塾に来て予習復習もできるスタイルと聞いてぴったりだと思いました。
しかし、息子くんは体験授業に行き、楽しかったとは言うもののどうも煮え切りません。

カリキュラムやライバルを競い合う環境、実績でサピックスも非常に魅力的でした。
ただ親のサポートが必須な点と、最上位校へのチャレンジを義務付けるようで気が引けました。
息子くんに寄り添っての指導というよりも、塾へ息子くんをアジャストさせなければならない気がした点も気になりました。
体験授業の感想などはよく、ここに決めよっかな?と息子くんも傾いたのですが、入塾期限が決められており、検討する時間が少ないと
親主導で断念した気がします。

煮え切らない息子くんのお尻を叩く意味もWアカでもよかったと思っております。
最もイメージする中学受験塾らしいとも感じました。
中学受験を勉強や学問というよりも、トレーニングと割り切って、受験トレを行わせると思いました。
体験授業では他の生徒の親から積極的にいろいろ質問したり、一番前でいろいろ聞いて楽しそうだったみたいです、と報告を受けるぐらい、
はまっていたようですが、本人は帰ってくると「なんかちょっと違う感じ」と言っておりました。

今まで習い事に対して本人がここまで意見を言うこともあまりなかったので(耳を傾けてこなかっただけかもしれませんが)
成長だと思い尊重することにしましたが、一向に塾が決まりません。

どこかの体験授業にもう一度行ってみようと、「一番楽しかったところを選んでもう一度行ってみよう」と提案したところ、グノーブルでした。
グノは、妻が説明会に出席し好印象だったのですが、体験授業の手際が悪く、息子くん「授業は楽しかったけど、うーんその他で嫌だ」とのことだった塾です。
まあ他も見たうえで、そればらと、体験授業に行ってみることにしました。
そして「ここに決めた」とのことです。

私の時間は何だったんだろうと思わないこともありませんが、しょうがありません。
息子くんの受験ですし・・・

そんなこんなで、最も何も調べなかったグノーブルに決まった後、ネットやブログなどでグノ情報を探しまくりました。
先輩方の体験記などを読み、私もブログを書いてみようと思った次第です。

駄文、長文失礼いたしました。





by kkbug033 | 2018-04-06 19:37